男のスキンケア/20代のスキンケア編

今や男性のスキンケアはシェービング同様に身だしなみとして認知されています。

 

基本のケアは当然の事で、必要に応じてスペシャルケアも行っている。若い人中心にそんな進んだ人もたくさんおられます。

 

しかし、男性のスキンケアはまだまだ発展途上のため情報が少ない。なので、初めて出会った情報のまま、思考が停滞している人、あるいは、それが原因でせっかくのケアがミスリードされてしまっている人もいるかもしれません。

 

肌のコンディションは、自信に起こるあらゆる変化の影響を受けています。その中でも大きいのが「年齢」です。

 

そこで今回は、年代別のスキンケア編として、20代の肌のコンディションと、必要なケアについてご紹介いたします。

 

【男のスキンケア/年齢別ケア方法】

年代が進むにつれ、肌のコンディションは変化を遂げます。ここでは、20代の肌の代表的な肌コンディションをご紹介いたします。

出典:サエルの口コミは事実?トライアルセットでサエルの効果を調べてみました

≪20代の肌のコンディションと必要なケア≫

<肌のコンディション>

20代の男性の体内では、男性ホルモンが活性化しています。それに比例して、皮脂分泌も盛んになり、結果テカリやニキビが気になる人も。その分、肌は本来のバリア機能を強固に働かせ、外部刺激などの影響を受けにくい状態にあります。

 

<必要なケア>

20代の基本ケアは、洗顔+保湿+保護、そして必要に応じてUVケアを行います。

 

この時期の男性の肌は、ニキビ以外の悩みを感じる事はほとんどありませんので、基本のスキンケアだけで十分。ニキビが気になる場合には基本ケアアイテムをアクネ(ニキビ)ケアアイテムに変更するのも一つの方法です。

 

しかし、ニキビの状態が深刻な場合には、スキンケアだけでは解決できない場合もありますので、医療機関での相談をおススメします。

 

<20代の基本ケアのポイント>

起床時に肌は既にテカテカ!なんてことも珍しくないのがこの時期の肌です。石鹸や洗顔料でしっかりと洗顔を行い、汚れと皮脂を洗い流します。

 

そして、そのまま放置せず、必ず保湿を行いましょう。そうすることで、余分な皮脂分泌を少しでも防ぐことが可能になるのです。

 

その後のステップで行う保護ですが、乾燥知らずのこの時期には、ローションまででとどめ、ミルクなどは使用せずに自分の皮脂にお任せ!そんな方法でもOKです。

 

ただし、乾燥の季節や皮脂の過剰分泌が気になるならば、ミルクを活用することで改善する可能性もあります。ミルクの使用については、毎日の肌のコンディションをチェックしながら今日は使う日・今日は使わない日、と判断しましょう。

 

<20代にはビタミンC配合ローションがおススメ>

20代の皮脂は、男性ホルモンに比例して盛んに分泌されてしまいます。どんなに洗顔で落としても、しっかり保湿をしてもやっぱり肌は皮脂でテカテカ。

 

そんな人にはビタミンC配合ローションがおススメ。ビタミンCには皮脂を抑制する効果のほか、炎症を抑える効果もありますので、ニキビ対策にも効果的に働きます。

 

<見落としがちな20代のケア>

20代の行動的な男性ならば、仕事中の時間も、休日においてもアウトドアでの活動が多くなる人も少なくありません。

 

この時、ついうっかりUVケアを怠ってしまった!と、そんな事が続けば、数年後の肌はしみだらけ。そんな悲劇的な状態を回避するためには、UVケアは必須です。

 

効果的なのがUVカットミルクですが、実はこの方法には盲点も。UVカットミルクは見た目にもわかるくらいのたくさんの量を使用しなければ、その効果は得られないのです。こうなると、見た目の問題という別の問題が生じるのですが、肌を思うならば使用料をきっちりと守ってケアしましょう。

 

<20代でテカリ知らずなら・・・>

20代であってもテカリ知らずな肌。一見して羨ましいがられるかもしれませんが、これ実は肌コンディションが低下している可能性があるのです。そのままの状態を続けていいると、数年後には乾燥肌・敏感肌を発症する可能性も含んでいます。

 

そんな状態に発展させないためには、積極的に保湿を行いましょう。

 

<20代の思い込み>

20代はニキビ以外の肌トラブルを感じないことがほとんど。なので、スキンケアは「しない派」が多数を占めています。

 

しかし、皮脂浮きによるテカリは、周囲に不快感を与えています。20代の皮脂浮きの原因は男性ホルモンによるものなので、根本的なケアは不可能ですが、スキンケアを行うことで見た目のテカリをある程度抑制する事は可能です。

 

そして、数年後の肌コンディションの低下を避けるためにも、基本のスキンケア+UV対策を実践しましょう。

 

【まとめ】

20代の肌の悩みの多くはニキビとテカリ。肌コンディションそのものの低下はほとんどありません。

 

なので何もケアしないなんて人が多数派になってしまいます。しかし周囲への不快感・数年後の自分の肌を考えるならば、毎日の基本ケアは必須です。

 

あれもこれもとなるとなかなか続きませんので、まずは基本ケア3ステップにプラスしてUVケアから始めてみましょう。

40代からのスキンケアサポート/肌の老化のメカニズム

私たちの肌は、環境・年齢・体調やストレスなど、さまざまな影響を受け日々変化を遂げています。

その中でも大きく影響しているのが「年齢」。40歳を境に、肌の老化は始まるとされています。

肌老化を避け、少しでも長い間肌のコンディションを若い時同様に保つためには、まずは肌老化のメカニズムを理解する事が重要です。そのためには、年齢による肌の変化を理解する事が第一歩となります。

そこで今回は、40代からの肌がどのように変化を遂げいているのかについてご紹介いたします。

【40代からのスキンケアサポート/肌老化のメカニズム】

≪主な肌老化のサインは8種類≫

元々健康な肌の人であっても、40代に入ると肌の変化を感じ始めます。それまで肌に自信があった人であっても、肌のトラブルや、メイクのりの悪さなど、さまざまな経験をし始めるのです。ここでは、代表的なサインの具体例を挙げてみました。

  • 全体的に黄色くくすんできた
  • 毛穴がなみだ型に開いている
  • シミができ始めている
  • 肌が乾燥する
  • 顔の輪郭がぼやける
  • 肌のハリ・ツヤがなく、全体的にしぼんだ感じになる
  • かゆみ・刺激に弱く、肌が過敏になる
  • 肌触りがごわごわしている

このような状態になったならば、悲しいかな、肌の老化が始まったサインなのです。

≪肌の構造と老化のメカニズム≫

<肌の構造>

私たちの肌は表皮・真皮・皮下組織の3層構造でできています。表皮をさらに細かく分けると、一番表面の角質層・顆粒層・有棘層・基底細胞層に分かれます。

 

この基底細胞層の真下に真皮層があり、表皮全体の5~25倍相当の厚みを持っています。そして、この真皮層の真下に位置するのが脂肪を蓄えている皮下組織となります。

<表皮の老化>

表皮は、肌内部からの水分の蒸発を抑える・肌を外部刺激から守るなどの役割などの役割を担っています。

また、表皮の最下層にある基底層にはメラノサイトが存在し、紫外線から肌を守るメラニン色素はこのメラノサイトで作られています。

しかし、紫外線の影響を受け続けた場合、基底層は常にメラニンを作り続け、不要になったメラニン色素が肌にとどまり、シミとなって表れるのです。これが表皮の老化によるシミの出現です。

<真皮の老化>

その下の真皮には、コラーゲン繊維・そのコラーゲンをまとめるエラスチン繊維・細胞外マトリックスという3つの成分で成り立っています。

肌の基礎を作り、肌の弾力を保っているのがコラーゲン繊維とエラスチン繊維で、真皮の約75パーセント以上を占めています。

この2つの繊維は加齢に伴い徐々にやせ細り、若い時のような状態を維持する事が困難になります。これが肌の弾力の低下・しわ・たるみなどの年齢肌を招く原因となるのです。

 

≪肌老化の速度は内因性・外因性要因の違いで決まります。≫

しかし、年齢肌のサインが現れるのにも個人差があります。この違いを決めているのが、内的・外的要因の違いです。

 <内因性の要因と対策>

どんなに長生きな人であっても、人生120年といわれていて、内因性の要因とは、私たち人間の遺伝子がもつ寿命で決まる要因で自然の摂理からなるものですので、残念ながらコントロールは難しいと言わざるを得ません。

<外因性の要因とは?>

外的要因とは、肌の酸化と糖化です。

肌の酸化とは、体のサビとなる活性酸素の影響で体内の細胞が傷つき酸性化してしまう事を指しています。

私たちの体には、もともと体の酸化に対抗する能力が備わっているのですが、年齢とともにその力は低下し、活性酸素の影響をもろに受けてしまうのです。

そして糖化ですが、体内に摂取したタンパク質と糖分が結合する事によって、体内でAGEと呼ばれる茶褐色の物質が作られます。このAGEの影響で肌が焦げたような色に見えてくるのです。

これが、肌の糖化と呼ばれる現象です。

このように、肌の老化を招く要因は、ケアできない内因性の要因と、ケアできる外因性の要因とに分かれているのです。

コントロールもケアも出来ない内因性の要因には着目せず、ケア出来る外因性の要因に着目し、自分い出来る方法で対処してみましょう。

≪行うべきはAGE対策です≫

「肌老化の半分はAGEが原因で起きている。」そんな意見があるほど、肌老化と密接な関係にあるのがこのAGEです。

AGEは、食事から摂取した糖質により引き起こされる現象。糖と聞くと、甘いものを連想しがちですが、その判断はNGです。

甘いものはもちろんですが、パンやごはん、あるいはパスタや麺類など、糖質は炭水化物にも多く含まれています。

ですので、甘いものは食べないと安心していても、食事などで炭水化物を多く摂取するならばAGEは避けられません。

AGE対策を行うならば、甘い物・炭水化物など糖質の多い食の摂取は控え、体内でAGEが増加する事を極力避けるような工夫をしましょう。

エイジングケアをさらに行いたい方はこちらのサイトも参考にしてみてくださいね。

【まとめ】

スキンケアを頑張っているのに、年齢肌の洗礼にあっている。そんな人は、もしかすると、食生活が原因かもしれません。

炭水化物や甘い物中心の生活を送っているなら、その可能性は大。気づいた時がスタートの時。今からでも遅くありませんので、食生活を改善しAGE対策を行いましょう。

そうすれば、年齢肌による肌の老化を食い止める事が可能性は大きくなるのです。